ゲーム機やソフトを高く買い取ってくれるところは?
  1. ゲーム機やゲームソフトをより高く買い取ってもらえるのはどこ?

ゲーム機やゲームソフトを
高価買取してくれる業者は?
価格はどれくらい?

ゲーム機やゲームソフトの買取価格を比較してみました

各種ゲーム機やそれぞれのソフトを売るとき、少しでも高く買い取ってくれるところを探したいですよね。ただし、闇雲に探しても望むような結果が得られないことがありますから、まずは売りたいゲーム機やソフトの相場を知ることが重要です。そのうえで、相場よりも高めで買い取ってくれるところを探すといいでしょう。

ここからは、人気のゲーム機とソフトの相場と各社の買取価格を比較したものを紹介していきますので、参考にしてみてください!

PS4の買取価格比較

PS4の買取価格比較
出典:ソニー

2013年の発売から現在も根強い人気を誇るプレステ4ですが、その後も小型・軽量化モデルやPS4proが登場するなど、その種類によって買取価格にばらつきがあります。同じ種類のものでも、業者によっては買取価格に大きな差が出ることもあるので、特にまだ発売から日の浅い場合は慎重に行動しましょう。また、ソフトについても、大型店では在庫の過不足で価格が変動するので、まずはこちらで確認してください!

PS4の買取相場について詳しくはこちらをご覧ください。

PS4の買取価格相場を比較!一番高く買い取ってもらえるのはどこ?

ニンテンドースイッチ(任天堂Switch)の買取価格比較

ニンテンドースイッチ(任天堂Switch)の買取価格比較
出典:任天堂

2017年3月に発売したばかりと、まだ記憶に新しいニンテンドースイッチ。テレビ画面につなげるテレビモード、スタンドを立ててプレイできるテーブルモード、電車などでの移動中でも楽しめる携帯モードと、3タイプのプレイスタイルを可能にしている点が話題になりました。こちらは比較的新しい商品なので、買取価格は高めなところが多いですが、もちろん業者によって異なるので、チェックしていきましょう!

ニンテンドースイッチの買取相場について詳しくはこちらをご覧ください。

ニンテンドースイッチ(任天堂Switch) の買取価格相場を比較!一番高く買い取ってもらえるのはどこ?

3DSの買取価格比較

3DSの買取価格比較
出典:任天堂

根強い人気を誇る3DSは、カラーバリエーションや限定タイプなど種類が豊富な本体はもちろん、ソフトの買取価格も実に様々です。まずは、自分の売りたいものが買取市場でどれくらいの価値を持つのかを知っておくことが、成功させる秘訣だと思います。

また、2012年以降発売の3DS LLの中にも、すでにメーカーでの生産が終了しているものが多く、人気のバージョンが高値で取引される可能性もあります。まずは、こちらで確認しましょう!

3DSの買取相場について詳しくはこちらをご覧ください。

3DSの買取価格相場を比較!一番高く買い取ってもらえるのはどこ?

Wiiの買取価格比較

Wiiの買取価格比較
出典:任天堂

全世界への出荷量がファミコンを超えたともいわれ、一時代を築いた感があるWii。

しかし、Wiiのあとを継いだWii Uも2017年1月末で生産が終了しています。パーティーゲームが多く、家族みんなで遊べるとして、それまでゲームに興味がなかった層を巻き込んだブームはすごかったですね。人気ソフトの買取は現在でもさかんに行われています。手放したいものがあったら、ぜひこちらで相場や買取価格を調べてみましょう。

Wiiの買取相場について詳しくはこちらをご覧ください。

Wiiの買取価格相場を比較!一番高く買い取ってもらえるのはどこ?

PS3の買取価格比較

PS3の買取価格比較
出典:ソニー

後継のPS4の普及もあって、2017年5月にメーカーがPS3の出荷を終了したとの報道がありましたが、これだけPS4が出回っているのに、つい最近までPS3を新品で買っていた人がいたということですね。それだけPS3は人気があるようです。

しかも、シリーズもののゲームの最新作で遊んだあと、PS3でのみ発売されていた過去のゲームでまた遊びたいという人も多いようで、ソフトも高値で取引されています。ぜひ、こちらをチェックしてみてください!

PS3の買取相場について詳しくはこちらをご覧ください。

PS3の買取価格相場を比較!一番高く買い取ってもらえるのはどこ?

レトロゲーム機の買取価格比較

レトロゲーム機の買取価格比較
出典:ウィキペディア

ここでいうレトロゲームとは、ファミコン、スーパーファミコン、ネオジオ、PCエンジン、セガサターン、PS、ゲームボーイなどです。いずれも本体、ソフトについての相場や買取価格を比較しているのでご確認ください。買取業者によっては、レトロゲームは買取不可か、一律いくらのような価格で取引されることも多いですが、ゲーム愛のある業者はしっかり鑑定してふさわしい価格をつけてくれます。あなたの宝物の価値を証明してもらいましょう!

ゲームソフトはどんなものが売れるのか?

新しいゲームソフトを購入する際、遊ばなくなったゲームソフトを売って購入資金に充てるという人は少なくありません。スーパーマリオやポケモン、ドラクエ、FINAL FANTASYやといった人気ゲームソフトはどんどんシリーズ化されているため、「古いものはもう売れないのでは?」と思われる方もいるかも知れませんね。しかし、高値が付くのは必ずしも新作ソフトかと言えばそうとも限りません。ここでは、比較的高額買取となりやすいゲームソフトの特徴についてご紹介いたします。

新作でなくても人気タイトルなら高値が付きやすい

新作でなくても人気タイトルなら高値が付きやすい

発売から月日が経っていて、いわゆる「旧作」となったゲームソフトであっても、過去に売上ランキング上位となった作品であったり、今となっては不動の地位を築いているシリーズの初期の一作であったりと、人気タイトルは高値が付きやすい傾向にあります。

たとえば一大ブームとなった話題作や根強いファンがいるシリーズものであれば、「発売後すぐに遊べなくてもいい」「発売当初は人気で買えないだろうから、中古が出てから買おう」というように、中古の新作を待っている人は意外と多いのです。

また、旧作ソフトであっても任天堂であればNintendo Switchのソフト、プレイステーションならPSP用のソフトなど、新しいハード用のゲームソフトであるほど高値が付きやすいと言えます。

発売後に時間が経過して、旧作となったゲームソフトであっても、過去にランキング上位になった作品やシリーズものなど、人気タイトルは一般的に高値がつく傾向にあります。ゲームはソフトだけでは遊ぶことができないため、ハードとなる本体機種が人気かどうかも高値買取の基準となるんですね。

マイナーなゲームは熱狂的なファンがいることも

マイナーなゲームは熱狂的なファンがいることも

たとえば今は廃盤などで流通していないゲームソフトや、販売数が少ないもの、初回限定などプレミアがついているものなど、一般的には入手困難とされるゲームソフトは高く売れやすいと言えます。

さらに、シンプルなドット絵に郷愁を感じる中高年世代など、一部のマイナーなファンから熱狂的に支持されている、いわゆる「レトロゲーム」と呼ばれる古い作品は、起動や動作が不完全であっても値段が付く場合があると言うから驚きです。

RPG系ゲームは価格が安定しやすい

RPG系ゲームは価格が安定しやすい

ゲームソフトにはさまざまな「ジャンル」があります。たとえばゲームの主人公になりきって物語やミッションをクリアしていく「ロールプレイングゲーム」、コントローラ操作で画面の中のキャラクターを動かして遊ぶ「アクションゲーム」、相手を銃撃して倒す「シューティングゲーム」など、挙げればきりがないほど。もちろんすべてのジャンルのソフトが買い取り対象ではありますが、中には中古でも充分に需要の高いジャンルのソフト、中古ではほとんど売れないジャンルのソフトというのも存在しています。

まず、他のジャンルに比べて価格が安定しやすいと言われているのは、ドラクエやファイナルファンタジー、ポケモンなどに代表される「ジャパニーズロールプレイングゲーム」と呼ばれるジャンルのソフトです。それぞれにストーリ性があり、ひとつの物語として時代に関係なく楽しむことができるため、レンタルビデオや中古本のような感覚で、人から人の手へ渡り広まっていくことができるのかも知れませんね。

また、ゲームに慣れ親しんでない人でも楽しめる「パーティーゲーム」や、友達や家族とやっても盛り上がる「対戦型アクションゲーム」にもあまり流行り廃りがありません。マリオパーティーやマリオカート、大乱闘スマッシュブラザーズなどはもちろん、ストリートファイターや鉄拳、バーチャファイター、ギルティギアなどの「対戦型格闘アクションゲーム」にも根強い人気があります。

反対に、中古ではあまり需要がないゲームソフトとして挙げられるのが、「パズルゲーム」「クリッカーゲーム」「エンドレスランナー」と呼ばれるジャンルのものです。これらは基本的にストーリーなどなく、単純な操作でひたすら高得点を目指すという内容で、現在ではほとんどの人がスマホで無料で遊べるようになったということもあり、わざわざ中古で購入しようという人は少ないのかも知れませんね。

また、選手の情報やチーム編成などが発売から時間が経つほど古くなってしまう「スポーツゲーム」や、車の種類やモデルがどんどん古くなってしまう「レースゲーム」などは、古くなるほどに買取価格は下がってしまいがちです。

関連記事

PAGE TOP